薬剤師の求人状況を体験しました

大きな病院は臨床の現場立ち合える

現在では登録販売者制度が始まりかつてほどの需要は無いかもしれませんが、調剤薬局等を併設している場合にはどうしても薬剤師の必要がありますのでどこでも募集はされている状況にあります。
しかしながら力をつけるためにはやはり病院の方が良いと私は思い病院に就職をしました。
小さな病院の場合には薬局の管理くらいしかやることがない場合もあるのですが、大きな病院の場合には臨床の現場でしっかりと加わることができます。
既製品の薬を取り扱うだけではなく、治療している医師と連携で必要な効果が期待できる薬の調合などに従事することができますので、私にとっては研究昔とは違った意味で専門性を発揮することができる職場だと思いました。
仕事内容はどのような病院でどのようなチームに従事するかによって大きく変わると言う性質がありますが、それでも様々な求人の中では魅力的なものでした。
私自身が臨床の現場に強い興味関心を持っていたということが関係しているのだと思いますが、自分の作った薬が直接的にどのような影響を出していくのかということを感じることができると言う点においては研究職よりも直接的に感じることができる世界だと思います。
存在していない薬を生み出す研究職とはまた違った意味で人に貢献することができる魅力的な立場であると強く感じています。

製薬業、研究者の道は狭き門大きな病院は臨床の現場立ち合える医療機関等に空きがなくてもドラッグストアの求人は多い

薬剤師の転職サイト