薬剤師の求人状況を体験しました

製薬業、研究者の道は狭き門

私が薬剤師の国家試験に合格して社会に出るようになったのはしばらく前の事ですが、その当時の求人事情は今思いだしても特殊なものであったと感じています。
私もそれほど賢い方ではなかったのですが、薬剤師として学んだからにはやはり薬を作り出す世界で生きていきたいと考えていた時期もありました。
これは薬剤師を目指す人であれば多くの人が思い描く製薬業、研究者の道です。
しかしながら学生の時代からよくわかっていたことですが、非常に狭き門でありなかなかチャンスがないと言うことを強く感じていました。
そもそも普通に募集されるわけではありませんし、募集があったとしても特殊な分野の研究実績が求められることが多いため、運の様子がかなり強いことが感じられました。
こういった職種につく人は本当に運と実力に恵まれた人でなければ難しいのだと言うことを感じさせられました。
研究職につけない人の中には製薬会社の営業職につく人もいるのですが、私にはそのような仕事が負担に感じられましたので病院の薬剤師やドラッグストアなども意識するようになりました。
ドラッグストアは当時非常に人手不足であり仕事内容は一般小売店の従業員を兼ねる部分があるものの、収入的にはかなり恵まれていたと感じています。
当時は薬剤師がいなければ営業できない状況にありましたので、引く手数多でした。

製薬業、研究者の道は狭き門大きな病院は臨床の現場立ち合える医療機関等に空きがなくてもドラッグストアの求人は多い